令和元年バドミントン講習会  主催:開成バドミントンクラブ 
令和元年6月30日  開成南小体育館  9時~12時 講師:山本洋彦氏  
今年の講習会は前回(一昨年)と同様、神奈川県バドミントン協会の山本さん(小田原バド協会)にお願いしてダブルスゲームの戦い方を指導頂きました。同氏は全国シニア大会で数々の入賞を果たしており、第30回愛媛大会ではみごと70歳以上ダブルスで優勝を果たされた方です。(写真参照)
受講者は前回同様中々上手くならない方々(?)を対象に行いました。参加者は20名程の少人数でしたが、動的ストレッチから基礎打ち、そしてコート内の位置選び、動きに至るまでの指導を頂きました。  
  




写真は講師山本氏、全国シニア大会優勝時です。
(左廣田氏、右山本氏)
   講習前の講師挨拶です。
背筋がピッ!と伸びていらっしゃいます。全国大会出場者は違いますね。

受講者は経験年数の長い方が多かったのですが、年数の割に上達しないのは何が悪いのか、の方々で「楽して上手くなるには!」を懇願しています。

 しっかり説明を聞いています。ここから練習に入る前の動的ストレッチが始まります。寝そべって片足クロスや体幹トレーニングが、もう汗が噴き出てきます。
 続いてはラケットの振り方からプレーヤーの位置決め、そしてローテーション。クリア返球時の直角三角形位置確保等々で動きが入って来ました。そして前回はクリア打ちの一人打ち連続交代を行いましたが、今回はよりスピードを要求されるドライブ一人連続交代を行いましたが、いや続きませんね、相手が打ち易い位置に返してないので。「決めた場所へちゃんと打つ」が出来ないとアカンのです。


 という訳で2.5時間程指導頂き、その後は乱数表によるダブルスゲームを1時間行い上達度チェックをしました。思った以上に上手く行った方、昔はこんなにひどく無かったと嘆く方、全てが成功裏で終わりました。
来週からの練習が楽しみですね。

一緒に練習をやりたい方がおられましたら掲示板に書き込んで下さい。
案内致します。一緒にやりましょう。

ホームへ戻る